TEL : 本店:02-776-5348 (+82-2-776-5348)地図



明洞と言えば明洞餃子
明洞(ミョンドン)のグルメと言えば一番に思い浮かぶのが明洞餃子!
長い間愛され続けてきた明洞餃子は明洞へお越しの際には是非訪ねていただきたい必訪スポットです。

<明洞カルグクスの全景 >

<明洞カルグクスの店内 >
*メニューは4種類 お値段はすべて8,000ウォン *

<カルグクス>
明洞カルグクス
鶏ダシのスープでさっぱりしていて、スープと自家製の柔らかい麺の調和が最高に良いカルグクスをご紹介します。
カルグクスのトッピングとして上に乗っているワンタン、野菜、肉のコミョンの味が他店のカルグクスとは格別の味です。ワンタンは肉を薄い小麦粉の皮に包んだものなのでとても柔らかい食感です。また野菜とひき肉は強火で炒めるため、鉄板料理のような香ばしい味わいが特徴です。

[美味しく食べる方法]
1.最も基本的な食べ方は、カルグクスの上にある薬味と麺を良く混ぜ合わせて、麺に薬味を絡ませ、味と風味を同時に味わうこと!

2.キムチを入れて食べる。辛いもの好きの人なら麺の上にキムチをのせて麺と一緒に絡ませて一緒に食べるといいでしょう。にんにくの香り豊かなキムチと、鶏のスープがしみ込んだ麺との相性が抜群です。


3.たれを入れて食べる。青唐辛子、各種野菜とお醤油で作ったたれを入れて食べると、カルグクスのおいしさがアップします。たくさん入れすぎると辛くなる可能性があるので少しずつ入れて、味を調節してみてくださいね。

4.残ったスープにご飯入れて食べる。カルグクスを食べ終わると残ったスープにご飯を入れて食べてみてください。
ご飯はカルグクスを注文した数だけ出てきます。例)カルグクス2つ->ご飯2つ

<2. キムチと一緒に食べる >

<3. たれを入れて食べる >

<4. 残った汁にご飯入れて食べる >
[ちょっと待った!] にんにくで作ったキムチ
キムチの主役はにんにくであり、にんにく特有の香りと辛みを強く感じられます。
その為、明洞カルグクスでは口の中に残るにんにくの香りを抑える為のキシリトール飴をサービスで貰えます。



具材がいっぱい詰った餃子
言葉では表現できないくらい美味しい餃子。
キャベツのミニサイズを象ったような形!
餃子の中の具材が見えるくらい透明な薄い皮は見るだけですごく食欲をそそります。
餃子の皮は、柔らかくもちっとした食感で、中の具材は、豚肉と野菜がぎっしりです。一口サイズで、口の中に入れた瞬間ほんのり香るごま油の香りと肉汁が広がり、まるで天にも昇る気分です。餃子は、醤油ソースにつけて食べるとより一層おいしさがアップします。
テーブルに用意されたお醤油とお酢でソースを作ってつけて食べてみて下さいね。

<ミニキャベツのような形の餃子 >

<具がいっぱい詰った餃子 >

<醤油とお酢2:1で混ぜてみて! >
ビビングクスとコングクス
コチュジャンたれで作ったビビングクス。
麺とコチュジャンたれが混ぜられた状態で出てくるので、すぐに食べることが出来ます。キュウリだけ麺と良く混ぜて!コチュジャンたれを思う存分味わえて、辛くもなく素朴な味がするのが特徴です。

夏のグルメ、コングクス。
明洞餃子では、豆が一番美味しい春の終わりから初秋まで味わうことができます。
美味しい豆で作った豆スープは濃厚で香ばしいです。特に麺は、体に良いクロレラを混ぜて作っているので濃い緑色をしています。

<ビビングクス >

<コングクス >
お箸とスプーンはどこ?
料理が出てきても、お箸とスプーンはどこ?と思って戸惑うことがあります。その理由は、テーブルの引き出しにあるからです!テーブルをうまく利用したアイデアです!


明洞(ミョンドン)に来たら明洞を代表するグルメ店明洞餃子を是非一度味わってみてください。



明洞餃子の詳細情報

店舗名 明洞餃子  (ミョンドンギョジャ/명동교자)
観光エリア 明洞
住所 서울특별시 중구 명동2가 25-2
ソウル特別市 中区 明洞2街 25-2
地図を見る
アクセス ・ソウル地下鉄4号線 明洞駅(ミョンドンニョク、명동역、Myeong-dong) 8番出口 徒歩4分
 -8番出口を出てファミリーマートが見えたら左折して約200m直進すると右側にあります。
電話
本店:02-776-5348 (+82-2-776-5348)
FAX 02-776-5348
ホームページ http://www.mdkj.co.kr/
営業時間 10:30~21:30
予約
定休日 旧正月・秋夕(チュソク)の当日のみ
クレジットカード VISA/MASTER/JCB/アメックス/ダイナース
言語対応 簡単な程度の日本語可能
総席数 200席
個室 なし 
座席のタイプ イス
駐車場 なし 
セット・コース料理 なし   
テイクアウト
禁煙・喫煙・分煙 禁煙
Wi-Fi あり
記事公開日 2012-06-28  最終更新日 2012-06-28
※上記のグルメ・韓国食堂情報は予告なく変更される場合があります。


スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.