TEL : 02-724-0274(+82-2-724-0274)地図



王たちにもっとも愛された慶煕宮
慶煕宮(キョンヒグン)は朝鮮の5大古宮の中の1つで、西側に位置していることから「西闕(ソグォル)」とも呼ばれた古宮です。王権を強化するために朝鮮第15代王光海君(クァンヘグン)が昌徳宮の別宮として建設し、以降十代にわたる王たちがここに留まり、政事をつかさどる場所として使用し、朝鮮後期の王たちがもっとも愛し、大切にした宮闕として位置付けられました。98体の建物があった慶煕宮は景福宮(キョンボックン)、昌慶宮(チャンギョングン)とともに朝鮮王朝の3大宮として挙げられるほど、大きな宮闕でしたが、日本統治時代に撤去され、そのほとんどが無くなってしまいました。現在復元されている慶煕宮はほんの一部に過ぎません。

慶煕宮は他の古宮とは違い、斜めに傾いていて、高い階段が多いことが特徴です。これは、地形を変化させずに建てたためですが、このように重々に建てられた古宮の姿は石垣を挟んで美しい風景を醸しだしています。

<慶煕宮の裏側にある公園から見た慶煕宮の姿 >







興化門
ソウル特別市有形文化財第19号に認定されている興化門(フンファムン)。興化門は本来、現在の慶煕宮の向かい側にある救世軍ビルディングの場所から東を向いて建っていました。しかし日本統治時代、興化門は伊藤博文のための祠堂であった博文寺の正門として使用するために強制移転され、解放後、奨忠洞(チャンチュンドン)新羅ホテルの迎賓館の正門として使用された後、1988年の慶煕宮の復元作業が始まり、現在の位置に戻されました。
崇政門/崇政殿
慶煕宮の正殿として王が臣下たちと朝会を行ったり、国家の重要公式儀礼などを行った場所で、慶煕宮の中でもっとも大きく、派手に建てられた建物です。そして、景宗(キョンジョン)、正祖(チョンジョ)、憲宗(ホンジョン)など3人の王がこの場所で王位即位式を行った由緒ある場所です。しかし、崇政殿(スンジョンジョン)は日本統治時代、曹渓寺(チョゲサ)に売られ、法堂建物として改造されて、現在は東国大学の正覚院として使用されています。慶煕宮の崇政殿は慶煕宮地発掘を通して復元されたものです。それにより現在、崇政殿は、東国大学と慶煕宮の2か所にあるということになります。

<崇政門 >

<崇政門 >

<崇政殿 >

<崇政殿内部の様子 >
資政門と資政殿
資政殿(チャジョンジョン)は慶煕宮の便殿として使用されたところです。便殿とは、王が臣下と政事について議論したり宴を開いたりするなど、日常的な業務を遂行した場所です。


泰寧殿
慶煕宮の中でも泰寧殿(テリョンジョン)は目立たない建物なのですが、その理由は前の資政殿(チャジョンジョン)の裏にすぐ繋がっているわけでもなく、資政殿の右側の小さな門に繋がっているだけであるためです。泰寧殿は朝鮮第21代王英祖(ヨンジョ)の肖像が保管されていた建物で、現在も英祖の肖像が飾られています。


瑞巖
瑞巖(ソアム)は泰寧殿のすぐ後ろにある岩のことで、元は王巖(ワンアム)と呼ばれました。ここに王気が強く漂ったために光海君がこの場所に慶煕宮を建てたという俗説もあります。その後、粛宗の時に瑞巖という名前にかわり現在まで受け継がれてきました。瑞巖の内側のほうで、岩の割れ目から流れ出る水を見ることができます。


慶煕宮美術館
美術団体などの多様な展示が開かれる慶煕宮美術館。
興化門(フンファムン)を過ぎて少し上って行くと、右側に慶煕宮美術館があります。室内は鉄筋骨組に天幕を被せて、内部構造をそのまま活かして公演場のような明るい活発な雰囲気を感じられます。

観覧時間:10:00~18:00(平日・土・日・祝日)
休館日:1月1日、毎週月曜日
観覧料:無料(ただし、展示により展示別観覧料が発生する場合あり)









慶煕宮の詳細情報

店舗名 慶煕宮  (キョンヒグン/경희궁)
観光エリア 鍾路
住所 서울특별시 종로구 신문로2가 1-126
ソウル特別市 鍾路区 新門路2街 1-126
地図を見る
アクセス ・ソウル地下鉄5号線 光化門駅(クァンファムンニョク、광화문역、Gwanghwamun) 7番出口 徒歩9分
 -4番出口を出て約400m直進すると左側に慶煕宮があります
・ソウル地下鉄5号線 西大門駅(ソデムンニョク、서대문역、Seodaemun) 4番出口 徒歩7分
 -7番出口を出て反対側に渡り、すぐ右側に曲がり、約400m直進するとソウル歴史博物館が見えます。そこから約100mもう少し直進すると右側に慶煕宮があります。
電話
02-724-0274(+82-2-724-0274)
営業時間 平日: 09:00 ~18:00
祝日: 10:00 ~18:00
定休日 1月1日、毎週月曜日
入場料 無料
記事公開日 2012-11-05  最終更新日 2012-11-05
※上記の観光地情報は予告なく変更される場合があります。


スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.