真っ黒なたれがポイントのカンジャジャン麺【韓国】

暑くなってきたこの時期、韓国でも冷麺の人気が高まりますが、日本ではあまり見られない真っ黒なカンジャジャン麺を紹介します。
ジャジャン麺そのものは日本でもよくありますが、カンジャジャン麺は真っ黒なたれが特徴です。

元々、中国料理を韓国でアレンジしてできたもので、黒味噌で作ったたれを混ぜて食べます。
甘めのたれでほとんど辛くないので、多くの韓国人はこれに唐辛子のパウダーを振りかけて自分好みの味にして食べています。
お店によって味や麺が異なりますが、人気があるのは「東会楼(トンフェル)」のもので手打ちの平たく、こしがある麺が特徴のお店です。

他には「開花」(地下鉄2号線乙支路入口そば)などがあります。
大きなショッピングモールのフードコートにも必ずと言ってよいほどカンチャジャン麺を取り扱うお店があるので食べてみてください。
ちなみに似た名前でジャジャン麺がありますが、こちらは少し玉ねぎなどの香辛料が少なめになっています。


2021/01/22 08:10





関連記事

最新記事


ワウネタ海外生活の最新記事

ワウソウルパートナー

無料ゲーム | 무료게임 | キッズゲーム | 脱出ゲーム | 着せ替えゲーム | オンラインゲーム | 脳トレゲーム | 韓国ドラマ・韓流ドラマ | KPOP | kpopプロフィール | 新大久保 | 韓国語 | 韓国旅行 | 韓流プロフィール | ワウネタ海外生活
スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.