韓国のインスタントそば【韓国】

インスタントラーメン大国の韓国ですが、その中も1つ変わった存在なのが日本蕎麦のインスタントです。
名前は「メミルソバ」という名前で、パッケージもざるそばになっている、まさに日本のお蕎麦を連想させるものです。

中を空けると乾麺とそばつゆ、さらに薬味までそろっているので、これだけで日本のそばを楽しむことができます。
薬味にはワサビの辛さも混じっているのでなかなか本格的です。
パッケージはざるそばになっていますが、温かい蕎麦でも食べることができます。
そばつゆの味は少し甘めですが、日本のものとあまり変わりません。

美味しく食べるポイントはゆで方で、袋の表示されている時間だとややゆですぎになります。
韓国の人は、固めよりも柔らかめを好む傾向にあるので、短めの時間でゆでるのがよいでしょう。
韓国でもそば粉を使う文化はあり、農村部ではそば粉を使った麺の料理も多くあります。
日本とは一味違った蕎麦を韓国で体験するのも面白いですよ。


2020/09/09 08:10





関連記事

最新記事


ワウネタ海外生活の最新記事

ワウソウルパートナー

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.