元祖フュージョン料理!?“プデチゲ”ってなーに?【韓国】

今や韓国料理の定番として知られている「プデチゲ」。みなさんは、聞いたことがありますか?

「プデチゲ」とは、直訳すると「部隊鍋」。この料理の発祥は、朝鮮戦争以降、アメリカ軍から流れてきたスパムやソーセージをキムチチゲに入れたことが始まりと言われています。その後、餅やインスタントラーメン、タンミョン(韓国はるさめ)、チーズといった具材が好みで入れられるようになり、現在の姿となりました。


スープも美味しくご飯も進み、ラーメンを追加することでボリュームもたっぷりになるので、特に若い世代の人々に人気の料理!特別に辛いわけでもないので、外国人も馴染みやすい味わいです。

テーブルでグツグツ煮込み・・・



しっかりと火が通ったら、みんなでテーブルを囲む。



身も心もホカホカになる「プデチゲ」。
ぜひ一度、食べてみてくださいね♪

2016/03/19 18:00




関連記事

最新記事


ワウネタ海外生活の最新記事

ワウソウルパートナー

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.