サムゲタンとタッカンマリ【韓国】

韓国料理で有名なものにサムゲタンがありますが、これと似た料理でタッカンマリというものがあります。
どちらも鶏を1羽丸ごと煮込んだ料理でニンニクやもち米が利用されている共通点があり、見た目も似ているようなものなので同じものと思っている人が多いです。

大きな違いは、サムゲタンが1人前の鍋であるのに対して、タッカンマリは2人前以上で出てきます。
そして、サムゲタンは高麗ニンジンなどの滋養強壮に強い薬膳的な意味合いがありますが、タッカンマリはネギやトックなどお鍋的な意味合いが強くなります。

ソウルの東大門付近には、ずらっとタッカンマリのお店が立ち並ぶ一角があり、いろいろなお店があります。
価格表示も2人前で書かれているので高く感じますが、お店によってはハーフサイズの一人前を提供しているところもあります。
有名なところでは「東大門明洞タッカンマリ」があり、店員さんも日本語を話すことができ、メニューも日本語表記があるので安心です。

http://xn--ck1bz1kncp85k.kr/

2020/04/27 19:10





関連記事

最新記事


ワウネタ海外生活の最新記事

ワウソウルパートナー

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.