【韓国美容】全羅南道・白羊寺 大自然の中で頂く正寛僧侶の蓮の花茶 後編

生命力に溢れた正寛僧侶(チョングァン スニム)の精進料理を頂いた後は、スニムのいれてくださった蓮の花茶(ヨンチャ)を楽しむ時間です。

頂いた場所はこちらの雙溪楼(サンゲル)


全身で自然を感じられるこの場所で


スニムの蓮花茶と韓菓をみんなで頂きます。

お茶を頂く前に




風の音や小川のせせらぎ、虫の声や葉のざわめき、そして陽の光を五感で感じながらしばしの時間、瞑想をしました。
スニムは私たちに地球のエネルギーを感じ、感謝と敬意を感じて欲しかったのかもしれません。

自然と一体となり無の境地に身を置くことで、蓮の花茶のお味を身体で味わう事ができたように思います。


お茶を頂いた後はまたまたスニムからのサプライズプレゼントです!

実は内容を交渉しているときにスニムと数珠を作りたいとリクエストをしたのですが、もろもろの事情で諦めました(笑)

そうしたらスニムから作りたかった水晶のブレスレットをプレゼントして頂きました。

スニム、カムサハムニダ。

最後は1人づつお写真を撮ってくださり


だんだんポージングまで!キュートなんて言ったら恐れ多いですが…本当にキュートな方なんです。

とても小柄なのにエネルギーに溢れるスニム。

お目にかかれて本当に幸せな時間になりました。


↑uccaが巨大に見える件(笑)


最後にわたしがスニムにお会いしたいと熱望したキッカケの言葉を改めて残しておきます。

自分が自分の障害になってはならない

何かを成し遂げようとするとき、上手くいかないことも多々ありますが、上手くいかない理由を環境や自分以外のどこかに置くのではなく、全ては自分にあることをみつめ、何かにチャレンジする前からどうせ無理だからとかもうこんな歳だしとか自分が自分にブレーキをかけることはせず、少しづつでも前に歩んでいけたらと思います。

ご参加下さいました皆さま、応援して下さいました皆さま、ご尽力下さった共感シーズの方々、受け入れて下さった正寛僧侶と関係者の皆さま、心から感謝致します。
ありがとうございました。


2019/12/06 07:30





最新記事


ワウネタ海外生活の最新記事

ワウソウルパートナー

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.