お酒の席でのビジネスマナー【韓国】

韓国で仕事をしていれば、当然、様々な人と会食をし、お酒が入ることもあります。

日本でも酒の席で失敗をすると、後々のビジネスに悪影響が出ますので、最低限のマナーを紹介します。

まず、日本人がやりがちで気を付けたいのが「目上の人で堂々と飲み干すこと」「途中でお酒を注ぐこと」です。

上役の前では、自分が飲む姿を隠すようにする人もいる韓国、堂々と飲み干すのはやめましょう。
さらに中途半端に残っているところへ継ぎ足すのもマナー違反です。

次に日本でもマナー違反に当たるケースがありますが、「注ぐときには瓶を両手で持つこと」これも大切です。

逆に注いでもらうときにも「両手でグラスを持つ」ということも忘れないようにしましょう。

韓国では礼儀を重んじる風潮があり、特に歴史のある会社、大きな会社ではそれが重視されています。

相手に悪い印象を与えないようにするためにも最低限のマナーは知って酒の席に行くとお互い気持ちよく話をすることができます。


2019/11/14 19:10





最新記事


ワウネタ海外生活の最新記事

ワウソウルパートナー

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.