今人気沸騰中のインスタントチャンポン食べ比べ“ジンチャンポン”【韓国】

今、韓国には空前のチャンポンブームが到来しています。
といっても、インスタントチャンポンのことで、韓国独自の真っ赤な辛いチャンポンが各メーカーから販売されています。

インスタントの袋“ラーメン”よりほんの少しお高い値段設定。カップタイプのものより袋タイプのほうがぐつぐつ煮込めるので、より本格的な味を楽しむことができます。

今話題なのはこちらの3種。今回は「オトゥギ」より販売中の「진짬뽕(ジンチャンポン)」を食べてみました。


袋をあけると、このように麺と小袋が3つ。袋の裏面に書かれている通りに調理していきます。お湯が沸騰してから仕上がりまでは5分程度でした。


ラー油の小袋は食べる直前に好みで加えると良いそう。


麺はラーメンよりも太麺でモチモチと歯ごたえのある食感。スープも中辛から辛口の間ぐらいでちょうど良いです。辛さを調整したい場合は、粉スープと液体スープを減らすと良いそう。チャンポン特有の海鮮風味も感じられ、美味しくいただきました。


505キロカロリー。

2016/01/09 15:00


最新記事


海外生活ワウネタの最新記事

ワウソウルパートナー

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.