韓国から日本へ帰る時のおみやげ(独自のチョイス)【韓国】

先日、実家の大阪へ帰省しました。
短い帰省とはいえ、荷物いっぱい!胸いっぱい!
独自のチョイスでお土産を用意しましたよ。

飛行機搭乗時のスーツケースは12キロ。
プラス、手荷物は100均のファスナー付きの大きな袋で。
この袋、使わない時はたたんでカバンに
忍ばせることもできますし、
袋自体には重さがないので、飛行機のような
重さに制限のある場合にはかなり重宝できます。


まずは定番中の定番「チョコパイ」。
18個入りなので、バラ撒き用におすすめです。



続いて、海苔ですが
普通の海苔は日本でも購入できるので
ふりかけタイプでナッツ類が混ざっている
健康にもよさそうなものを。



調味料関係は、
そうめんやそばに混ぜて食べてもおいしい「ピビンジャン」。
そして、韓国風にお刺身を食べたい時用の「チョジャン」。



インスタント関係は、
定番のラーメンじゃなく、あえて「ピビン麺」。
そして辛すぎるカップ麺で有名な「プルダッポックンミョン」も1個。



お酒好きな家族のために。
焼酎やマッコリは、日本でも買えるので
韓国でしか売っていない“韓国の”洋酒を。
お値段がビックリするほど安い(7,000ウォン程度)ですが
ビックリするほどの味らしい…(笑)



最後に、洋服を何着か用意しました。
うちの家族は大柄なので、XL以上のサイズは
ネットで購入することになります。
韓国にはスキニー男子が多いので、
街中で売っている男性服は、
わりとピチピチのものが多いです。
特に冬場の韓国で注目してほしいのが
「裏起毛シリーズ」です。
トレーナーやセーターも裏起毛、
女性用のレギンスやタイツも裏起毛が基本です。
マイナス数十℃の韓国の冬場を過ごせるように
作られているので、冬の韓国土産ではかなり優秀です!

これらを担いで帰省をしました。
お土産を分けてしまえば、私の荷物はすっからかん。
家族みんなに喜んでもらえてよかったです!


2015/11/10 18:00


関連記事

最新記事


海外生活ワウネタの最新記事

ワウソウルパートナー

スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.