TEL : 02-790-8830(+82-2-790-8830)地図



梨泰院で本格中国餃子を食べよう!
ソウルの中でもっとも国際色豊かな街、梨泰院(イテウォン)。韓国にいながらも様々な国の料理や文化を楽しめるとあり連日たくさんの人々で賑わいます。韓国語以外の言語もあちこちで飛び交い、英語や日本語が通じるお店も多いため、近年観光地としてもポピュラーになってきました。

今回紹介する「Jonny Dumpling(ジャニーダンプリング)」は、店名だけを聞けば一体何のお店なのかわかりませんが、実はここ、本格中国餃子が食べられる有名店なのです。現在、梨泰院だけで3店舗を展開していて、連日、地元の人のみならず遠方からも「Jonny Dumpling」の餃子を求めて訪れる人々であふれています。

<「Jonny Dumpling(ジャニーダンプリング)」本店 >

<商品のディスプレイ >
「Jonny Dumpling(ジャニーダンプリング)」
「Jonny Dumpling」という特徴的な店名は、社長のアメリカ式のミドルネーム「Jonny」と英語で団子という意味を持つ「Dumpling」を掛け合わせたもの。「ジャニーさんの団子」と覚えれば忘れることはない、遊び心あふれる店名です。

<テーブル6席のこぢんまりとした店内 >

<「Jonny Dumpling」の紹介記事が壁一面に >

<韓国の一般的なクンマンドゥ(焼き餃子)
両面をカリカリに焼いています。>
韓国では見慣れない「焼き餃子」の姿
韓国で「クンマンドゥ(焼き餃子)」といえば、皮全体をカリカリになるまで焼いたものや、どちらかというと「揚げ餃子」に近いものが主流です。そのため、日本で食べられるような形の焼き餃子は、韓国ではとても珍しいのです。「Jonny Dumpling」のクンマンドゥは日本の焼き餃子に限りなく近い姿をしていて“表面を焼き、反対の面を蒸した餃子”という表現をしています。韓国ではその“珍しい焼き方と味”が人気を呼び、また在韓日本人、在韓中国人にとっては“なつかしい味”となり「Jonny Dumpling」の輪が広がっていきました。

<ザーサイとたくあんはおかわり自由>
シンプルなメニュー
「スジェマンドゥ(手作り餃子)」と書かれたメニュー表は韓国語・中国語・日本語で明記されていて、はじめてお店を訪れる人にもわかりやすいです。スタッフの方は日本語は少々苦手とおっしゃっていましたが、メニューを指さすと簡単に注文することができます。

1.セウムルマンドゥ(えび水餃子)13個入り 7,000ウォン
2.クンマンドゥ(焼き餃子)10個入り 7,000ウォン
3.マンドゥクッ(ワンタンスープ)7,000ウォン
4.ケランプチュムルマンドゥ(ニラ玉水餃子)13個入り 7,000ウォン
5.ケランプチュクンマンドゥ(ニラ玉焼き餃子)13個入り 7,000ウォン
6.マパトゥブトッパプ(麻婆豆腐ご飯)7,000ウォン

すべてのメニューが7,000ウォンで統一されています!
「Jonny Dumpling」の人気メニューベスト3!
ダントツ人気はやはり「クンマンドゥ」。他店では食べることのできない特別な餃子は「Jonny Dumpling」の顔!すべてのお客さんが1人前は必ず注文するというクンマンドゥは、肉汁たっぷりでジューシー、大ぶりのエビがゴロっと入っていて食感が抜群!どんどんお箸が進みます。クンマンドゥそのものに味付けがされていますが、備え付けの「餃子のタレ」に付けても美味しい!

<パリパリの皮がポイント >

<タレに付けてもGOOD >

<熱いうちにお召し上がりください。>


続いて、やさしい味わいのセウムルマンドゥ(エビ水餃子)。こちらにも大ぶりのエビが1匹まるごと入っています。つるつるした食感で食べやすく、お腹がいっぱいでもついつい食べ過ぎてしまうムルマンドゥ。クンマンドゥも人気ですが、ムルマンドゥ派のお客さんも多いとか。
ちょっぴり風変わりなマンドゥクッ(ワンタンスープ)。一般的なワンタンスープと異なる点は、スープの上にどっさり盛られたムール貝!韓国語では「ホンハプ」と呼ばれ、中華料理によく使用される具材です。料理が運ばれてきたら、ムール貝を貝殻からはずす作業に取りかかりましょう。貝の身とワンタンを一緒に食べると絶品!透き通ったスープは貝のエキスがたっぷりで味わい深く、クンマンドゥとの相性も抜群!

<たっぷりムール貝 >

<透き通ったスープ >

「Jonny Dumpling」のもう一つの魅力


「Jonny Dumpling」だからこそお目にかかれるのはこちら、青島(チンタオ)ビール。
韓国で中国の国民ビールが飲めるとはなんとも不思議な感覚。キンキンに冷えた青島ビールとクンマンドゥがあれば他にはもう何もいりませんね!

青島(チンタオ)ビール:大640ml 6,000ウォン/小330ml 5,000ウォン
「Jonny Dumpling」の輪
今回紹介したのは「Jonny Dumpling」の本店ですが、近隣に2号店と3号店もあります。昼食時と夕食時はお店が混み合い、お客さんは店の外で待つことになります。そんな時は是非2号店と3号店にも足を運んでみましょう。どちらも歩いて行ける距離に位置しています。3号店はお店の広さに余裕があるため電話予約も受け付けています。

<2号店:02-790-8839 >

<3号店:02-797-8830 >



Jonny Dumpling 本店の詳細情報

店舗名 Jonny Dumpling 本店  (ジャニーダンプリング ポンジョム/쟈니덤플링 본점)
観光エリア 梨泰院
住所 서울특별시용산구이태원동130-3
ソウル特別市龍山区梨泰院洞130-3
地図を見る
アクセス ・ソウル地下鉄6号線 梨泰院駅(イテウォンニョク、이태원역、Itaewon) 4番出口 徒歩2分
 -4番出口を出て下り坂を少し進み右に曲がります。そこから約20m進むと左側に「Jonny Dumpling」があります。
電話
02-790-8830(+82-2-790-8830)
営業時間 11:30~21:50(ラストオーダー21:30)
定休日 年中無休
クレジットカード VISA/MASTER/JCB/アメックス/ダイナース
言語対応 中国語、簡単な日本語・英語
総席数 6席
個室 なし 
座席のタイプ 4人掛けテーブル
テイクアウト
備考 テイクアウトメニューあり。11,000ウォン~。
記事公開日 2013-01-04  最終更新日 2013-01-04
※上記のグルメ・韓国食堂情報は予告なく変更される場合があります。


スマートフォン版 | PC版へ
会社紹介 | 利用規約 | プライバシーポリシー | お問合せ
Copyright(C) AISE Inc.